個性的

最近の結婚式の招待状は、個性的なものが多いです。パステルカラーの用紙を使ったり、スイーツを使った可愛いデザインを施したり、など夫婦によって様々です。招待状を作る時は、結婚式の雰囲気に合った物を作ることが大切です。

写真だけの結婚式

結婚式は費用が高額ですが、フォトウェディングのような写真だけの結婚式なら、コストを抑えて思い出を作ることができます。フォトウェディングは、撮影する日にち、場所、服装などによって費用は変わります。

個性的な式

個性的な結婚式にしたいなら、ゲストハウスを選ぶと良いでしょう。ゲストハウスウェディングは、邸宅を貸し切って披露宴を行なうというものです。自由度が高い披露宴をすることができるので、若い世代に人気が高いです。

招待状を作る

結婚式の招待状についてはさまざまな形があります。従来であればホテルなどの結婚式や披露宴の会場と提携しているウェディング会社にお願いすることが多くありました。ですが、パソコンの普及により招待状のみならず席次表やプロフィールシートなど自分たち新郎新婦で手作りをする人も増えており、それをバックアップするウェディング会社もあります。 手作りをすることで、コストも用紙代やインク代だけで済みますので全部を業者にお願いするよりも安価で済ますことができます。コスト面でのメリットだけでなく、ともに招待状づくりという作業をすることによって、新郎と新婦のきずながより強まるというメリットもあります。招待状の用紙も、インターネット通販などで手軽に入手できます。

結婚式場に招待状の印刷をお願いする際は、使用する用紙の大きさや質感にもよりますが大体1通当たり500円から800円程度かかります。これに、宛名書きも外注することで、1通当たり300円程度かかります。ですが、宛名書きを印刷すると1通当たり50円から100円程度かかります。たいていの結婚式場では、席次表やプロフィールシートなどその他の印刷物もセットにすることで割引を行っているところもあります。 インターネット通販などで招待状用紙を買う際は、1通あたり安いもので100円から相場では200円から300円、豪華なもので500円程度かかります。いずれの場合でも、それに招待状印刷用ならびに返信用の切手代がかかります。